blueblueblue
Ebi's blog… / THIS PAGE IS CACHED AT 2019/01/20 00:55:39
エロゲのシステム

エロゲのシステムってデータベース化するメリットがあるだろうか?

快適にプレイするため、または画面を彩る演出として、様々なシステムが採用されている、昨今のエロゲ。
最近のエロゲではほぼ100%実装されている、既読判定やスキップ、バックログすら、その昔は存在しなかった。
近いようで遠い、制作側とユーザーの距離を感じるエロゲという媒体において、プレイアビリティについては、ユーザーからのフィードバックが目に見えて形に成っている、数少ない実例と言えるのかもしれない。

そんなゲームシステムが多様化している今であるから、ユーザー側にも、「このシステムは必須だろ」といった我侭な声が出てくる。
プレイ前に、システムの有無を確認しておきたいという需要はあると思われるけど、その情報は凡そ『体験版』という形でしか提供されていない。
『体験版』をWebで公開することが当たり前になって、更には1GBを超える物すら出てきている実情は、『体験版』をダウンロードしてプレイする時間が取れない(勿体無いと感じる)ユーザーにとっては、歯がゆさを感じているかもしれない。
そんなユーザーにとっては、エロゲのシステムをデータベース化して、簡単に閲覧できるようになることにはメリットがあるだろう。

また、これは開発ツールやその周辺のプラグインに起因する部分は無視できないのだけど、データベース化することによって、システムの流行り廃りを出力出来たりするかもしれない。
もっとも、「ああ、そんな時代もあったね」と昔を振り返ったりするネタにしかならないし、これを実現するには、データベースの充実(過去作データの網羅)というのが必要になってきて、なかなか、骨の折れる作業になるのが目に見える。

あるいは、ある程度データが集まれば、データベース化することで、相対的に『親切設計なゲーム』というのが判るようになってくる。
システム毎に重要度を割り振って、そのシステムの有無をポイント化して、ゲームごとの成績化をすれば、『システムの評価』というゲームの評価方法にも使えそうだ。

どう考えても、このデータを集めようとするのは、目の前のメリットが曖昧な上に、作業量が膨大な、茨の道にしか思えないのだけど、『システムのデータベース化』というのは、不定期に上がる話題の一つではあるなぁ。

システム一覧

idgroupsystemmemostandard
1テキストオートモードマウスクリック等のユーザーによる入力に頼らず、自動でゲームの進行が可能なもの(アドベンチャーパートに限り、RPG等でのオートバトルは含まない)true
9テキストオートモードのテキスト速度設定通常時のテキスト表示速度設定の他に、オートモード時の表示速度設定が、個別に存在するもの。
(関連機能:オートモード)
false
2テキストキャラ別にテキストの色を変更セリフを喋ったキャラクターに合わせ、所定の色に変更されるもの。
変更される色は、システム固定の場合と、任意変更可能の場合がある為、コメント推奨。
false
10テキストスキップ選択肢等のユーザーの入力が必要なシーンまで、スキップ(早送り・ジャンプ)できるもの。
スキップは、オートモードとは異なり、演出をカットしたりして、最速のスピードでゲームを自動進行させる。
true
4テキストテキストウィンドウのフォント変更テキストウィンドウに表示されるテキストのフォントを、任意に変更可能なもの。
ただし、この機能があっても、選択できるフォントが限定されているゲームもある為、その場合には、コメント推奨。
(例:オリジナル、MSゴシック、MS明朝のみ選択可等)
false
3テキストテキストウィンドウの透過設定テキストウィンドウの透過度を変更できるもの。
通常状態で既に透過しているが、透過度を変更できない場合は、該当しない。
false
5テキストテキストの瞬間表示テキストウィンドウ内に、1文字ずつではなく、一瞬で文字が表示されるもの。
(固定機能であるか、選択機能であるかは、関連機能の情報から判定可)
true
7テキストテキスト速度の段階可変テキストの表示速度が変更可能なものの内、「遅い・普通・速い・一瞬」等の、段階的な調整が可能なもの。
(関連:テキスト速度固定/テキスト速度の無段階可変)
true
8テキストテキスト速度の無段階可変テキストの表示速度が変更可能なものの内、「0~100%」等のスライダーによる、無段階な調整が可能なもの。
(関連:テキスト速度固定/テキスト速度の段階可変)
true
6テキストテキスト速度固定テキストの表示速度が変更できないもの。
(関連:テキスト速度の段階可変/テキスト速度の無段階可変)
false
11テキストバックログテキストウィンドウに表示された過去のテキストを、遡って読み返せるもの。
一覧表示出来るものが主流だが、1つずつしか遡れないものもあり、その場合はコメント推奨。
また、ごく一部のゲームには、ゲーム開始時からの全文が読み返しできる、「全文バックログ」もある。
true
12テキスト前の選択肢に戻る通過した選択肢の選択時まで、巻き戻って、再度、選択できる機能があるもの。false
56テキスト選択済み選択肢の表示変更選択済みの選択肢の文字色を変更するなど、選択済み/未選択の判別が可能になるもの。
この機能は、デフォルトで搭載されている場合が多いが、まれにコンフィグで採否を選択可能な場合もある。
true
57テキスト選択肢でスキップ継続スキップモード適用中、選択肢に到達した後も、スキップモードが中断されない。
選択肢の後に再度スキップボタンをクリックすればよいだけなのだが、選択肢の多いゲームの2周めなどには、ぜひ欲しい機能。
true
13セーブ・ロードオートセーブ(1スロット)シーンの冒頭等、何らかのキーイベントで、ユーザー側の入力を介さずセーブできるものの内、セーブスロットが1つだけで、常に上書き保存されるもの。false
14セーブ・ロードオートセーブ(複数スロット)シーンの冒頭等、何らかのキーイベントで、ユーザー側の入力を介さずセーブできるものの内、セーブスロットが複数あり、トコロテン式に保存されるもの。false
15セーブ・ロードクイックセーブ・ロード(1スロット)ショートカットキー、または画面上のアイコンクリック等のユーザー側の入力を介し、かつ、セーブ・ロード専用画面に移行せずにセーブ可能なものの内、セーブスロットが1つだけで、常に上書き保存されるもの。true
16セーブ・ロードクイックセーブ・ロード(複数スロット)ショートカットキー、または画面上のアイコンクリック等のユーザー側の入力を介し、かつ、セーブ・ロード専用画面に移行せずにセーブ可能なものの内、セーブスロットが複数あり、トコロテン式に保存されるもの。false
17セーブ・ロードセーブデータにコメントセーブデータにユーザーが任意にコメントを付けられるもの。false
18セーブ・ロードセーブデータに日時の表示セーブした日時(現実時間)をセーブデータに記録・表示できるもの。true
19セーブ・ロードセーブポイント固定アドベンチャーパートにおいて、いつでもセーブできず、章の冒頭や特定のイベント後にしか、セーブできないもの。false
20セーブ・ロード最新セーブデータの表示セーブデータのスロットの中から、ひと目でどのデータが最新か判別可能なもの。
(「New」等のアイコンや、スロットの色が変わっているもの、または、最新データ専用の表示枠が設けられているものなど)
true
58セーブ・ロード確認ダイアログの省略セーブ/ロード等の操作時、確認ダイアログを表示する/しないの設定項目があるもの。
例:「このファイルに上書きしますか?Yes/No」
主に、上書き保存等の誤操作に対する配慮として採用されている確認ダイアログだが、Yes/Noのワンクリックも面倒だという人向けの機能。
false
21セーブ・ロード自動保存のみゲームの進行に合わせ、リアルタイム(またはポイント通過)で自動保存されるもの。
通常のオートセーブ機能は、任意セーブ・ロードの補助機能であるのに対し、この『自動保存のみ』はそのゲームで唯一のセーブシステムである場合がほとんど。
『時間やループ構造を扱ったシナリオ』において、グローバルなフラグを使用するためのゲーム設計の一環として採用されたり、RPGなどの難易度向上の為に採用されている。
false
22音声BGM・SE・ボイスの個別音量調整主にBGM・SE(効果音)・ボイス毎に音量調節が可能なもの。
ただし、ボイスレス作品の場合は、BGM・SE(効果音)が個別に音量調整できるものが該当する。
また、一切の音声・サウンドの演出がないものは必然的に該当しない。
true
23音声HシーンのBGV(バックグラウンドボイス)Hシーンにおいて、ボイスやSE(効果音)の他に、吐息やセリフのループ音声があるもの。
主に抜きゲーカテゴリーのゲームに採用されている。
false
24音声キャラ別ボイス音量調節キャラクター別にボイスのボリュームを調整・ミュート可能なもの。true
25音声システムボイスセーブやロード等の機能を使用した際、SE(効果音)ではなく、声優のボイスによるガイダンス等があるもの。false
31音声バックログのボイス再生バックログの表示中、セリフ部分をクリックするなどすると、ボイスが再生されるもの。true
26音声ボイスカットテキストの改行等のタイミングで、マウスクリック等のユーザーの入力により、再生中のボイスを中断させられるもの。
(関連:ボイス継続)
true
28音声ボイスの遠近・ステレオ効果セリフを喋るキャラクターの位置によって、ボイスの音量を変更したり、左右のスピーカを使い分ける等の音声演出機能があるもの。false
27音声ボイス再生時BGM音量を下げるボイスが再生されている時、流れているBGMの音量を下げる機能があるもの。
多くの場合、任意設定項目であるが、この機能が固定機能である場合などは、コメント推奨。
true
29音声ボイス継続テキストの改行等のタイミングで、マウスクリック等のユーザーの入力があっても、再生中のボイスを継続して再生させられるもの。
但し、ボイスを継続中に、他のボイスが再生された場合は、後方優先で、先に再生されたボイスを停止させるものがほとんど。
よって、ボイスが重なるものについては、コメント推奨。
(関連機能:ボイスカット)
true
30音声マスターボリュームBGM・SE(効果音)・ボイスの個別音量調整の他に、マスターボリュームの調整が可能なもの。false
32既読管理既読シーンスキップ既読のシーンを、テキスト単位でなく、シーン単位でスキップ(早送り・ジャンプ)できるもの。false
33既読管理既読スキップ既読のシーンを、未読テキスト、または選択肢まで、スキップ(早送り・ジャンプ)できるもの。true
34既読管理既読テキストの色を変更既読テキストのみ、未読テキストと違う色に変更するもの。false
35既読管理既読テキストの速度設定通常時のテキスト表示速度設定の他に、既読テキストの表示速度設定が、個別に存在するもの。false
36既読管理既読判定テキストの未読・既読が、ゲームシステム内で管理されているもの。true
37回想・ギャラリーCGギャラリーゲーム内のCGを、まとめて閲覧可能なもの。true
38回想・ギャラリーサウンドテストゲーム内の音楽を、まとめて視聴可能なもの。true
39回想・ギャラリー回想モードゲーム内のHシーンやイベントシーンを、まとめて閲覧可能なもの。true
40回想・ギャラリー立ち絵ギャラリーゲーム内の立ち絵や背景画を、まとめて閲覧可能もの。false
41映像演出HシーンのアニメーションHシーンがアニメーション化されているもの。
3D作品、FLASHアニメ等。
(3D作品は、リアルタイムかムービーのコメント推奨)
false
44映像演出ユーザー入力による映像の変化マウスクリック、マウスドラッグ等のユーザーによる入力により、映像に変化があるもの。
(例:マウスクリックで、胸が揺れる。マウスドラッグで、胸をつかんで揉む。)インタラクティブ性がないものは該当しない。
(例:決められたシナリオ進行により、クリックで映像が切り替わる。アニメーションムービーがループ再生されており、アイコンをクリックすると違うアニメーションがループ再生される。)
false
45映像演出一枚絵に差分表現一枚絵(スチル)に差分表現があるもの。true
42映像演出画面演出の省略・高速化映像演出を省略するなどして、高速にゲームを進行させるための機能が選択できるもの。
ただし、暗転等のエフェクトから、立ち絵アニメーションに至るまで、多様な演出があり、またこの機能が及ぶ範囲も様々で、統一化された規則性のある機能ではない。
false
46映像演出立ち絵のアニメーション立ち絵全体の仕草や動作がアニメーション化されているもの。
3D作品、ムービー組込、After Effects、Live2D、E-mote等。
顔の一部のみ等、部分アニメーションの場合は該当しない。
背景のみのアニメーションも該当しない。
false
43映像演出立ち絵の差分表現立ち絵に差分表現があるもの。true
47映像演出立ち絵の部分アニメーション立ち絵において、キャラの顔にまばたき、口パク等の表現があるなど、部分的なアニメーション表現があるもの。
ただし、3D作品、After Effects、Live2D、E-mote等により、立ち絵全体の仕草や動作がアニメーション化されている場合は、該当しない。
背景のみのアニメーションも該当しない。
false
49ディスプレイアスペクト比16:9固定ゲームウィンドウの表示が、フルスクリーン・ウィンドウモード問わず、16:9(もしくは、近似するアスペクト比)固定のもの。true
48ディスプレイアスペクト比4:3固定ゲームウィンドウの表示が、フルスクリーン・ウィンドウモード問わず、4:3(もしくは近似するアスペクト比)固定のもの。true
50ディスプレイアスペクト比切替可能ゲームウィンドウの表示が、フルスクリーン・ウィンドウモード問わず、4:3(もしくは、近似するアスペクト比)と16:9(もしくは、近似するアスペクト比)で任意に変更可能なもの。
ただし、「レターボックス」(映像の上下の黒い帯)や「ピラーボックス」(映像の左右に黒い帯)が表示されるものは、コメント推奨。
false
51ディスプレイウィンドウモード固定ゲームウィンドウの表示が、ウィンドウモード固定のもの。false
53ディスプレイフルスクリーン固定ゲームウィンドウの表示が、フルスクリーン固定のもの。false
52ディスプレイ解像度変更ゲームウィンドウの表示解像度を変更できるもの。
(例:1280×720と1600×900を任意選択可能な作品)選択可能な解像度等、コメント推奨。
false
59ゲーム進行スクリーンセーバー起動防止ゲーム起動中、OSのスクリーンセーバーを表示させない機能。
クリック操作でゲームを進めている場合は、あまり気にならないが、オートモード等で自動進行している場合、スクリーンセーバーが起動してしまう事があるため、採用されている機能。
true
60ゲーム進行非アクティブ時にプレイ継続ウィンドウモードでプレイ中、他アプリケーションをアクティブにした際(ゲームが非アクティブ)の、ゲームの挙動を制御する機能。
主にスキップモード等を使用している際、未読テキスト到達までの待ち時間にWeb閲覧をするなど、「ながらプレイ」を助けるもの。
一方、非アクティブ時に音声も含めてプレイを停止する場合は、「緊急回避」としても役立つ。
true
54その他その他、特殊機能統一的な機能名称がない機能や、ごく限られたゲームにのみ採用されている、レアな機能。
(例:プレイする時間帯による演出の変化、射精音変更、マウスジェスチャー、Twitter連携、等)
false




コメント