blueblueblue
Ebi's blog… / THIS PAGE IS CACHED AT 2018/06/20 02:56:55
Keep on smashing blue/LAST ALLIANCE
disc : Keep on smashing blue
artist : LAST ALLIANCE (Japan)
sellday : 2010-10-27
genre : Rock

前作『the sum』が傑作すぎたのか、物足りなかったな~。
[disc : 78]Rating :
ラスアラ兄さんの新譜。
今回は、作詞・作曲ともに色々と手を変え品を変えといった感じで、ボーカルチェンジした旧作のアレンジがボーナスに入っているなど、ファンには堪らない内容。
ですが、その分、アルバムとしての纏まりに欠けてしまっている印象も残り、一曲一曲は面白くとも、アルバムを通して聞くとちょっと違和感があったりもします。
正直、前作『the sum』のアルバムとしての完成度がかなり高かった為、ちょっとばかり不満も感じます。

「BLUE LIGHTNING」
入りの一発目としては、充分な威力を秘めた一曲。

「サードアイズシンジケート」
ポップさすら漂うイントロから、こういうファンキーな展開へ持っていけるのはラスアラの魅力。
変に形式ばらず、常に流動的なスタンスがLast Allianceが飽きられない所以かなーと。

「WING」
なんかタイアップも決まったみたいで、おめでとうございます。

「願イ型紋白蝶ガ宙ヲ舞ウ」
ラスアラらしい歌詞の世界観と言えば、この曲でしょう。そしてラスアラらしい、特異な変調もこの曲の味でしょうか。
このタイトルは、不定期更新(笑)のMATSUMURA(Vo,Ba)のブログタイトルでもあったりします。


さてさて、ラスアラ兄さんって何者? という読者さんも居られるかと。
エロゲ関係からこちらを覗いてくれてる方には、『RD 潜脳調査室』のED曲だった「片膝の汚れ」を歌ってるバンドって言う方が判るのでしょうかね?
各所でMADに使われてたりもしたので、曲自体の認知度は結構高いんじゃないでしょうか。
YouTube Preview Image
(おー、何気に結構な再生回数)
今時珍しい、男声のツインボーカルにして、独創的な日本語詩の世界観と、容赦なく叩きつけてくるようなアグレッシブな楽曲。
ハードながらもサブカル的な片鱗を息づかせた曲は、音源としてもアニメなんかにはよくマッチするんですが、一方でライブでの男臭い熱狂もこのバンドの魅力です。
そういえば、コレの前にも『ホスト部』のED曲に『疾走』という曲がタイアップ付いてたんですが、腐女子層にはウケたんでしょうかねぇ?

サブカル的で詩的な名曲 プロメテウス / Me and Your Borderline
YouTube Preview Image

コメント